手作業によるけがきなど生産効率をなんとかしたい

ユーザー様

アルミサッシ加工会社様

住宅用から工場、オフィス向けアルミサッシの製造を行っている会社様

お悩み

人がボール盤で穴あけ加工しているため生産効率が悪い

人がボール盤で穴あけ加工をしており、その人のマンパワーに頼らざるを得ない状況でした。
人が作業するので生産性も低く、人によって精度のばらつきもありそれが会社としての品質に影響していました。
腕のいい職人さんが会社を辞めてしまったら、その技術を継承しなければならないという不安も常に持たれていました。

ご提案

マシニング加工と切断加工を1台で行う機械を提案

そこでノコ付き長尺加工機FB6000-12ATC-Cを提案しました。
本機にはドリル・ミーリング用の主軸と、切断用の旋回ノコ軸の2軸を搭載しておりマシニング加工と切断加工を1台の機械で行う事ができます。
旋回ノコ軸は材料端部の複雑なカット(ホゾ加工)や、あらゆる角度での切断が可能となっています。

効果

けがきなしで品質の均一化がはかれました

手作業に比べ加工時間が半分になったこと、一度セットすればあとは自動で加工が完了すること、人件費の削減や、その分が利益となって会社に還元されることなど機械導入の効果は抜群ですが、中でも一番大きいメリットと感じているのは、けがき作業なしで品質の均一化がはかれたことです。
今までは人に依存していたため、精度がどうしても安定しませんでしたし、けがき作業は思っているより時間を要する作業なのですが、フジ産業さんの長尺加工機であればそれらの心配はありません。

数値で見る作業時間の効率化例

今回のご提案機種はこちら

■ FB6000-12ATC-C

・通常のATCヘッドと±180°旋回のノコヘッドを搭載

・穴あけ、ミーリングから角度切断まで一台で加工

・フルカバーなので切粉の飛散を防止

・ストロークやその他仕様はお客様のご要望をお伺い致します

・対話メニュー標準搭載で操作簡単